時間の経過で趣きがあるデザインへ!ミル打ち結婚指輪の「BRILLIANCE」

結婚指輪のデザインには様々な装飾手法がありますが、その中でも19世紀のイギリスやフランスで制作されることが多かったクラシカルな印象が人気の手法に「ミル打ち(ミルグレイン)」があります。ラテン語の「千の粒」が名前の由来となるミル打ちは、指輪のふちの部分に細かな球を連続してちりばめたような独特のデザインが特徴であり、ミル打ちを行うことで装飾部分の煌めきと立体感がある奥行きを感じることができます。

また、通常、結婚指輪は指にはめたままで生活することが多いため、どうしても指輪上に勤続疲労によるキズやくすみなどが発生することがよくあります。しかし、ミル打ちを行っている結婚指輪の場合、当初の輝きが失せた後も指輪特有の趣きがある状態へ年月とともに次第に変化していく効果が、現在になって改めて見直されています。

ミル打ちの結婚指輪を販売するマリッジリングの『BRILLIANCE』は、ミル打ちのデザイン指輪を豊富に取り揃えている結婚指輪の専門サイト。ミル打ちの結婚指輪をお求めの方には最適なサイトとなっていますので、ぜひ一度、ご覧になってみてください。
マリッジリングのBRILLIANCE

ミル打ちの結婚指輪販売店「BRILLIANCE」のサイトは
こちら

Leave a Comment